ピアノの修理ができるピアノ調律師ってどんな人?

ピアノの修理ができるピアノ調律師ってどんな人?

ピアノ調律師とは、文字通りピアノの調律や保守・管理など調整業務を行う専門職のことです。
一般家庭や学校・ホールなどに赴いてピアノの調律を行うのはもちろん調整・整音や修理、工場や工房でのオーバーホールなども実施します。
技術や楽器そのものの構造の知識だけでなく、調整を行うために特殊な耳・スキルが必要となります。
加えて防音室・消音装置、温度・湿度管理といったように楽器の管理に関する相談を受けたりアドバイスを行うといった作業もその一環です。
また定期メンテナンスの意味合いが強い調律だけでなく、コンサートやレコーディングの直前に行う微調整も大事な仕事です。
演奏家の要望を受けて、それを的確に楽器へと反映させた上で会場での響きも考慮しつつ調律を行うという繊細な作業が必要となります。
調律師は楽器メーカーや音楽教室系の企業に所属している社員であったり、非常勤の嘱託や自営業者・フリーランス、他の職種と兼業しているなどその勤務形態はさまざまです。

ピアノで収入を得るためにはどうすればいいのか?

人に音楽を教えるのが好きでピアノの技術を持っていてピアノ教室を開いて生計をたてたい思うかもしれません。
しかし、人にピアノを教えて収入を得るのは決して簡単な事ではありません。
では、どうすればいいのでしょうか?まずは教室の立地条件をよく考えることです。
生徒をたくさん集めるためには生徒が通いやすい場所でなければいけませんので、通いやすいか、危険な場所ではないか、教室を開いて近所迷惑にならないか、ということをチェックしましょう。
ほかにも、先生として慕われるためには厳しすぎず優しすぎない正確かどうかも自問することが出来ます。
いくら、ピアノの技術がよくても人に厳しすぎた入り冷酷で冷淡であったら、楽しく学べませんので自分が先生としての素質があるかもチェックポイントです。
教室を開くことになったなら、インターネットやインスタグラムなどで教室の案内や月謝などを分かりやすく発信することで沢山の人に見てもらえます。

ピアノに関する情報サイト
ピアノ修理の豆知識

ピアノは楽器の王様とも言われるほど特別な響きを持つ存在であり、幼稚園や学校でその音色に憧れて習った人もいるのではないでしょうか。しかし長年使っているうちに知らず知らずのうちに傷がついたり、銀板の不調や音質や音量の変化が生じてきます。費用の節約や好みの音色に合わせるためにも、なんとか自分で音の調節をしたいところですが、知識がないまま作業をしてしまうと、状態が悪化してしまう恐れがあります。そこでここでは自分で調律を行い長持ちさせるための知識を深めて、それに必要な道具と正しいやり方についてのご紹介をいたします。

Search